品川駅港南口直結徒歩1分 品川イーストワンタワー3階 TEL:03-3471-3014

東京都のおりものの異常と婦人科治療

品川ストリングスクリニックでは、おりものの異常についても適切な診察と治療を提供しています。
おりものは女性の健康状態を示す重要な指標の一つであり、その変化を正しく理解することが不可欠です。

おりものの役割とその重要性

おりものは、膣内の自浄作用を助け、有害な細菌の侵入を防ぐなど、女性の健康を守るための重要な役割を担っています。生理周期によってその性状や量が変化し、通常は無色透明から白っぽい色をしています。異常がある場合、おりものの色、量、質感、匂いに変化が見られることがあります。

おりものの異常が示す病気

おりものの異常は、様々な婦人科疾患の初期症状として現れることがあります。
以下に、おりものの変化が示す可能性のある病気をいくつかご紹介します:

細菌性膣炎:
過剰な洗浄やストレスにより、膣内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することで生じます。

性器カンジダ症:
カンジダ菌の過剰増殖により、かゆみや白いカッテージチーズ状のおりものが特徴です。

性感染症(STD):
クラミジア、淋病、トリコモナス膣炎など、性感染によっておりものに異常が現れることがあります。

診断と治療

おりものの異常を防ぐためには、正しいデリケートゾーンのケアが重要です。過度の洗浄を避け、通気性の良い下着を選ぶ、日常的なストレス管理を心掛けるなどが効果的です。また、性交渉においては適切な保護措置を講じることも重要です。

まとめ

おりものは女性の健康の「窓」のようなものです。日々の変化に注意を払い、異常を感じたら早期に専門医の診断を受けることが大切です。品川ストリングスクリニックでは、患者様一人一人の症状に対して丁寧に診察を行い、最適な治療を提供しています。おりものに関することで不安や疑問があれば、ぜひ当クリニックまでお気軽にご相談ください。
ネット予約についてはこちら>